女性

自殺行動を阻止する

看護師

様々なストレス症状を把握

ストレス社会である現代では、うつ病になる要因が身近に存在します。どのようなことがあるのかというと、仕事や家庭に関するストレスや環境の変化や体に関するストレスです。例えば、会社でのパワハラやセクハラなどに巻き込まれるなどで、ストレスが溜まりやすくなってしまいます。家庭の場合は、お互いが感じる性格のすれ違いは勿論、子育て方針にモラハラ、DVなどによる精神負担などがあります。環境の変化に至っては、引越しで住み慣れた場所から離れて暮らす事になったさいに引き起こりやすくなっています。新たな環境に馴染めないというジレンマをかんじて気持ちの焦りが生じやすくなります。体に関する事に関しては、自身の体が明らかに他の人とは異なるものを持っているため、コンプレックスを感じてしまいます。

自殺願望まで懐きやすい

上記の症状によって、精神的な負担が少しずつ蓄積されていき、うつ病を発症させてしまうのです。ストレスの要因が溜まりすぎて、気晴らしなどの行為をするにも気力がわかない状態になっているので、治すのが困難になってしまいます。症状が悪化してしまえい、最悪の場合は自殺願望が芽生えてしまう危険性がはらんでしまいます。一度、そのような感情を抱いてしまうと、普通の人には理解できないような理由から死を選んでしまうことがあるのです。しかも、厄介なことに自殺に走る行動をいつ何処でやるのかが全く見えてこないのです。ある条件が整ってしまえばすぐにでも、命を断とうとするので、注意が必要です。例えば、駅のホームなどで電車が通りかかると、突然線路に飛び出そうとしてしまうのです。もしくは、車が走る道路などを目の前にした場合でも同様のことを行なってしまうでしょう。重度のうつ病を発症している場合には、なるべく自殺しやすい条件が揃った場所を避けて行動させるのが最適と言えます。

心療内科で行なっている検査

心療内科のサイトでは、自殺願望の強さがどれくらい強いのかを指し示すための検査方法を紹介しています。ハミルトンうつ病評価尺度と言われるもので、自殺を考える強さがどれほど強いのかを段階別で判断します。そのような検査を受けて、今の心理状況を性格に把握したいと思ったらすぐに心療内科での検査を希望しましょう。検査を受けてみて、どのようなケアを施せばいいのかがある程度見えてくるのは間違いありません。うつ病に陥った際の性格な心理状況をはかるために、心療内科を予約して検査を受けていきましょう。