女性

症状を抑制する漢方

カウンセリング

心療内科がおすすめする生薬

うつ病に陥った場合には、特有の症状に悩まされることが多いです。おおまかにあげられるものは、睡眠障害や疲労感に抑うつ気分です。患者が感じる慢性的な疲労や睡眠不足にネガティブな気分を少しでも和らげて、少しでも前向きになれる気持ちを持たせて上げたいものです。そこで、心療内科の医師などがおすすめする生薬を用いて症状を改善に努めて見てはいかがでしょうか。最近では、東洋医学で用いられる漢方薬によって、体に負担をかけずに症状を抑制することが可能になっています。副作用を気にせずに、心を穏やかにさせてあげたいなら、心療内科の医師と相談しながら、症状や体質に合わせた漢方を服用していきましょう。

不眠と精神安定をもたらす

まず、不眠症状や食欲不振に精神不安を和らげたい場合には、帰脾湯を利用するのがおすすめです。帰脾湯は整腸作用があり、体の回復をサポートする成分が豊富に含まれています。弱った体内器官を活発化させて食欲を復活させれば、体の調子を取り戻しやすくなるでしょう。また鎮静作用もあるので辛かった不眠症もある程度改善できます。少しずつ睡眠時間が長くすることが可能になります。その他で、不眠症を改善させる効果があるものは、遠志や酸棗仁といった生薬もあります。これらにも鎮静作用が含まれてるのでうつ特有の不眠症解消にはうってつけです。また、抑うつ気分などの症状を改善したい場合は、木香や大棗がおすすめです。独特の香りによって心身の緊張をほぐす効果が期待できます。精神不安を改善する他に、消化器官系や血管の働きを改善させる作用もあります。副作用がほとんどないので、多くの病院でも治療薬として使用されています。

的確に体への作用を促すには

漢方薬を用いたうつ病抑制は、個人的に行なうのは難しいものです。なぜなら、患者によって体質が異なってくるからです。自身の体質を把握するのは難しく、正確に把握しておかないと服用しても全く効果が表れないことがあります。そのため、事前に専門家への相談をするのがおすすめです。例えば、心療内科の医師がおすすめする調剤薬局を訪れたりするのも悪くありません。調剤薬局なら、体質やうつ病の症状度合いや現在服用中の薬との飲み合わせなどを考慮舌上で、患者にぴったりなものを処方してくれます。専門家が準備した漢方薬なら、高い確率で症状を抑制出来ることが期待できるのは間違いありません。漢方薬で負担なく改善していくなら、適切な調剤薬局を利用するのをおすすめします。