健康的な日常を送るために心療内科で心を治す

基本的な症状改善方法

悩む女の人

責任感が強いほどかかる

うつ病は、とくに真面目な性格や責任感のある人にかかりやすい傾向にあります。仕事や勉強で必ずここまでやらなければという気持ちを抱いて取り組む姿勢を崩さないことが多いからです。そのため、途中で何かしら失敗してしまうと、落ち込みやすくなります。そのような姿勢を崩さないままにすると、いつの間にか気持ちが沈みきってしまい最終的には症状を発症させてしまっているのです。できるだけ、うつ病を発症してしまった場合は、最初に行なうことは充分な休養をとることです。ですが、ただ休養を取らせるのも正直危険なので、最新の注意を払ったほうがいいでしょう。なぜなら、真面目で責任感が強い人ほど、急に休むように言っても罪悪感に苛まれてしまう可能性があります。少しでも心に負担をかけずに休養を取らせるためにも、心療内科にまず訪れて詳しい事情を医師に話しましょう。詳しい病状を医師から聞いてから、症状に関することを充分に理解した上で、休ませる事をすすめるのが適切なのです。患者自身も、休んでも良いという認識が生まれるので、心に負担を感じる心配はありません。

薬物での治療での注意点

心療内科などで行なわれている治療方法は、だいたい2種類程あります。一つは、抗うつ剤を使用した療法です。うつ病の発症要因となっている、乱れた脳内神経伝達物質を正常に戻すことができます。ただし、抗うつ剤の効果を得るためには、特定の条件があります。それは、1週間以上は必ず薬を服用し続けることです。抗うつ剤は、長く飲み続けなければ効果を発揮しない薬品となっています。そのため、服用し始めてからすぐには効果がありません。もし、途中で飲み忘れてしまったら、効果が発揮されることがありません。毎日必ず欠かさず飲み続けることが重要なのです。また、薬の量を減らしたいという場合でも勝手に減らすのではなく医師との相談をしてからにしましょう。

カウンセラーに何でも相談する

心療内科などで、行なわれている治療でもう一つのものが心理的療法です。心理的療法とは、専用の薬剤を使用しての治療ではありません。薬を使わずに、カウンセリングを重ねてネガティブな思考を取り除いていく療法となっています。うつ病にありがちな、ネガティブ思考を除去するために、何が原因で何故そのような症状に陥ったのかを洗いざらい紙などに書いていく必要があります。原因となった要因を一つずつ対話の力によって解消していくのです。心療内科や専用の支援団体などでの治療なので、ほぼ完全に一対一での対話がメインとなります。そのため、どんな内容の言葉を発しても周りを気にする必要がなくなります。対面式のカウンセリングを利用していくことによって、感情や頭に浮かぶ上るイメージなどを明確に思い描くことが出来るようになります。

ぶり返しても気にせず治療を続ける

心療内科などで、行なわれるうつ病の治療は多彩に存在して、ゆっくりと時間をかけて治していくのを念頭においています。しかし、治療を受けて改善した後も気を抜けません。なぜなら、うつ病は再びぶり返すことが多いからです。再発したとしても、焦る必要はありません。また、ゆっくりと時間をかけてネガティブな思考を除去していくために、上手くうつ病と付き合っていきましょう。

出産後に気をつける

笑顔の女性

出産後は比較的精神が穏やかですが、子育てになると気持ちが暗くなりやすくなります。マタニティブルーか産後うつのどちらかになっているかもしれません。産後うつの場合は、すぐに治らないものなので心療内科での治療がおすすめです。

詳しくはコチラ

自殺行動を阻止する

看護師

ストレス社会である現代では、誰もが平等にうつ病を発症させる可能性を秘めています。重度のうつ病になってしまうと、自殺願望を抱くまでに陥ってしまうのです。性格な心理状況を把握するには心療内科での検査を受けていきましょう。

詳しくはコチラ

症状を抑制する漢方

カウンセリング

心療内科の医師などがおすすめする生薬を使用して、うつ病を改善するのはいかがでしょうか。生薬なら、体に負担をかけずに症状を抑制することが可能だからです。精神安定をもたらしたり、不眠症を改善するものなど豊富にあります。

詳しくはコチラ